愛知県芸術劇場のミッションとビジョン

5つのミッション

1

つくる

国内外に芸術文化を創造・発信する劇場

新たに舞台芸術作品をプロデュースし国内外に発信します。

2

みる

優れた舞台芸術の鑑賞の場を提供する劇場

全国トップクラスの機能を備えた劇場を活用し、国内外の優れた舞台芸術を鑑賞する場を幅広く提供します。

3

ひろげる

舞台芸術のすそ野を広げる劇場

次世代及び潜在的観客層への普及教育を図り、舞台芸術に親しむ観客の拡大を図ります。

4

つなぐ・そだてる

地域全体の文化力を高める劇場

市町村劇場や地域の実演家・団体と連携し、地域全体の文化力の向上を図ります。また、劇場専門職員の養成を行います。

5

こたえる

地域の課題に応える劇場

芸術文化の力を活用した社会的課題の解決に取り組みます。

・地域活性化 ・子育て支援 ・教育・多文化共生 等

ささえる

適正な劇場マネジメント

組織体制・経営基盤を強化し、劇場の継続的な活動を支えます。

5つのミッションを達成するために、6つのプロジェクトを推進します。

01

発信力強化プロジェクト

  • オペラ、ダンス、現代演劇、実験的な舞台のプロデュース
  • 国内外でもプロデュース作品上演

02

鑑賞プロジェクト

<自主事業>
海外招聘ダンス、現代演劇、現代音楽、オルガン 等

<貸館公演>
オペラ、バレエ、オーケストラ、ミュージカル 等

03

普及教育プロジェクト

  • 「劇場と子ども7万人プロジェクト」の推進
  • ファミリー・プログラムの充実
  • 対象別(乳幼児・入門者・コアファン・障がい者など)のプログラム実施

04

連携・交流プロジェクト

  • 市町村との連携による巡回公演、ワークショップ、研修
  • アートマネジメント研修
  • 舞台芸術人材養成ラボ

05

社会課題対応プロジェクト

  • 都市の活性化:地域と協働したパフォーミングアーツイベント
  • 子育て支援:親子、乳幼児向けプログラム開発など
  • 教育・多文化共生:コミュニケーションプログラムなど

06

「雇用と財源」安定化プロジェクト

  • 外部研修の実施
  • 自主財源の拡充(企業へのチケットあっせんの拡大、愛知県芸術劇場メンバーズ制度の拡充など)

ビジョン

事業

芸術文化のプレゼンスを高める劇場を目指す

  • 優れた舞台作品を継続的に創造・発信し、国内外での認知度を高める。ひいては我が国の芸術文化のプレゼンス向上に資する。

多種多様な人が劇場に集い、親しまれる劇場を目指す

  • 良質で多様な公演の鑑賞機会の提供と質の高いサービスを実施する。

舞台芸術により豊かな感性を育み、次世代への継承・発展を図る劇場を目指す

  • 「劇場と子ども7万人プロジェクト」を市町村劇場とともに推進する。
  • ファミリー・プログラムを充実させ、ファミリー層の来館を促進する。

市町村劇場等とともに、広域的な文化振興を図る劇場を目指す

  • 県内の市町村劇場と協働して巡回公演、ワークショップ等の拡大を図る。
  • 劇場職員のための研修を開催し、広域的にアートマネジメント人材の育成とスキルアップを図る。

地域の課題に積極的に応え、地域に貢献する劇場を目指す

  • 行政や関係団体と連携しながら、地域のニーズを把握し、課題解決を図る。(地域活性化、子育て支援、教育・多文化共生、福祉、観光 等)

経営

自主財源を確保し使命の実現につなげる劇場を目指す

  • 入場料収入の割合を高める。
  • 企業等との協力関係を強化する。(企業従業員のワークライフバランスに資するチケット斡旋や企業の体育館等のけいこ場活用、プロモーション協力など)
  • 愛知県芸術劇場メンバーズ(個人会員)のサービスを向上し、会員数の増加を図る。

人材雇用

職員が安心してその能力を発揮できる劇場を目指す

  • 専門性が高い人材の安定的確保と正規職員化を図る。
  • 職員の専門性をさらに高める計画的研修を継続実施する。
  • 海外の芸術見本市等へ職員を派遣し、ネットワーク力とプロデュース能力を高める。
  • AAPPAC(アジア太平洋パフォーミングアーツ連盟)加盟館として、アジア・オセアニア諸国と交流し、職員の視野を広げる。