公益財団法人愛知県文化振興事業団

お知らせ

現在、お知らせはありません。

理事長挨拶

愛知芸術文化センター(以下「センター」という。)は、3つのホール等を有する愛知県芸術劇場(以下「劇場」という。)のほかに愛知県美術館、愛知県文化情報センターで構成される全国最大級の複合文化施設です。名古屋市の中心である栄地区に立地していることもあり、平成4年10月の開館以来、年間およそ200万人が来場する中部圏最大の芸術文化拠点として機能しています。

平成26年度からは、センターに指定管理者制度が導入され、(公財)愛知県文化振興事業団(以下「事業団」という。)が指定管理者として劇場運営等を行うこととなりました。

運営にあたっては、利用者や来館者の皆様の目線に立ち、快適・安全に過ごしていただくとともに、優れた芸術文化を創造・発信することで、この地域の芸術文化拠点であるセンターに求められる役割を果たしてきました。

事業団は、今後、平成24年に施行された「劇場、音楽堂等の活性化に関する法律」や平成30年7月に愛知県が策定した「あいち文化芸術振興計画2022」などを受け、これまでの取組みを継承、発展させ、蓄積された成果を再編集することで、①国内外に芸術文化を創造・発信してセンターの認知度を高める、②優れた舞台芸術の鑑賞の場を提供する、③次世代、潜在的観客層への普及教育を図り、舞台芸術のすそ野を広げる、④市町村や様々な団体と連携するとともに、担い手の養成を図り、地域全体の文化力を高める、⑤地域の活性化や子育て支援、多文化共生などといった地域の課題に応える、劇場を目指してまいります。

文化芸術と人々を「つなぐ」ための取組みを積極的に展開し、センターを、多くの方々が集い芸術文化に親しみ交流する「新しい広場」、人々の多様性や可能性を引き出す場としてまいりたいと考えております。

公益財団法人  愛知県文化振興事業団 理事長 菅沼綾子

設立趣旨

財団法人(現公益財団法人)愛知県文化振興事業団は、個性豊かな地域文化の振興を図るため、愛知芸術文化センターの開館に伴い、愛知県の出捐により、平成4年4月1日に設立されました。
主に愛知芸術文化センターに設置された愛知県芸術劇場を活用し、様々な舞台芸術公演や普及事業を実施することにより、当地域の文化の向上に努め、世界に開かれた魅力ある愛知づくりに寄与することを目的としています。

事業団の概要

名称 公益財団法人 愛知県文化振興事業団
理事長 菅沼綾子
沿革 平成 4年4月 1日 財団法人愛知県文化振興事業団設立
同年 10月30日 愛知芸術文化センター(栄施設)開館
平成24年4月1日 公益財団法人へ移行
平成26年4月1日 愛知県美術館など一部を除く愛知芸術文化センター
(栄施設)の第1期指定管理受託
(期間は平成31年3月31日までの5年間)
同日 日生劇場理事・企画制作部長の丹羽康雄氏が芸術劇場館長に就任
平成30年4月1日 愛知県芸術劇場が文化庁「平成30年度劇場・音楽堂等機能強化総合支援事業」に採択
目的 各種の文化事業を行うことにより個性豊かな地域文化の振興を図り、世界に開かれた魅力ある愛知づくりに寄与することを目的とする
事業
  • 芸術文化の振興に関する事業
  • 文化活動支援及び芸術文化の普及・啓発に関する事業]
  • 文化芸術施設の管理運営
  • 芸術文化に関連する物品等販売に関する事業
  • その他この法人の目的を達成するために必要な事業
基本財産 20億70万円(愛知県等からの出損金)
評議員 13名
役員 理事 9名
監事 2名
事務局 〒461‐8525 名古屋市東区東桜一丁目13番2号(愛知芸術文化センター内)
電話 052-971-5610