自主事業:

カフェトーク×あいちトリエンナーレ2019パフォーミングアーツ
(ゲスト:市原佐都子)

コーヒーなど飲み物を片手に舞台芸術のトップランナーたちのトークを聞いて、パフォーマンスをもっと身近に感じてもらう「カフェトーク」。
今回は「あいちトリエンナーレ2019」パフォーミングアーツに関連させ、最新のパフォーマンスの状況をお伝えするとともに舞台芸術の魅力に迫ります。

開催日時 2019年9月8日(日) 18:30~20:00
会 場 喫茶アルス(愛知芸術文化センター地下2階 アートプラザ内)
内 容

『ジェンダーとアート』

性、生、身体感覚に向き合う作品が多数登場する今回のあいちトリエンナーレを例に、ジェンダーの問題をアートの中で描くことについてお話しします。

ゲスト

市原 佐都子(劇団Q主宰、劇作家・演出家、「あいちトリエンナーレ2019」参加アーティスト)

ishihara_Photo_Mizuki_Sato.jpg
©Mizuki_Sato

2011年より劇団Qを主宰。人間の行動や身体にまつわる生理、その違和感を独自の言語センスと身体感覚で捉えた劇作、演出を行う。女性の視点から、性や、異種間の交尾・交配などがフラットに描かれる戯曲では、観客の身体を触覚的に刺激する言葉が暴走し、舞台上の俳優たちは時に戯画的に、時に露悪的に台詞を全身から発散させる。そこでは、男性中心的、人間中心的に語られてきた性や生殖行為が無効化し、社会のマジョリティを覆っている倫理観や道徳観念にもラジカルな疑いがかけられる。11年、戯曲『虫』で第11 回AAF 戯曲賞受賞。

http://qqq-qqq-qqq.com

定 員 30名程度(予約優先。当日お席に余裕があれば入場可)
料 金 入場無料・ワンドリンク制
申込方法

メール ws27@aaf.or.jp または Fax 052-971-5541 へ。

件名:「カフェトーク 9月8日申込」

①お名前 ②ご連絡先(電話番号等)③ゲストへの質問(あれば)を記載のうえ、お申込みください。

*お預かりした個人情報は、愛知県芸術劇場[(公財)愛知県文化振興事業団]にて厳重に管理し、本事業を運営するために使用し、それ以外に使用しません。

主 催 愛知県芸術劇場
助 成 文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)| 独立行政法人日本芸術文化振興会
協力 株式会社奥村(喫茶アルス)