自主事業:ミニセレ

TRIAD DANCE PROJECT
安藤洋子×酒井はな×中村恩恵『ダンスの系譜学』
ダンスアカデミックの継承、そして未来へ提言 フォーキン、キリアン、フォーサイス そして岡田利規

バレエを完成させたといわれるマリウス・プティパ、古典バレエをさらに更新したミハイル・フォーキン、バレエとモダンダンスの融合を目指したイリ・キリアン、バレエを脱構築したといわれるウィリアム・フォーサイス、常に革新者であった偉大な振付家たち。
これらバレエの歴史を更新してきた巨匠振付家の理念の正統な継承者であり、ときには振付家を触発してきた3名のダンサーが、その原点となるオリジナル作品の上演と今日的な継承/再構築に取り組む新作公演です。
2020年4月、横浜に新しくオープンするDance Base Yokohama(DaBY)でのクリエイションとトライアウト公演を経ての愛知での世界初演、どうぞご期待ください。

 

横浜トライアウト公演の詳細は、Dance Base Yokohamaのウェブサイト(https://dancebase.yokohama)をご覧ください。

公演日時

2020年5月15日(金) 19:00開演
2020年5月16日(土) 15:00開演
2020年5月17日(日) 15:00開演

※開場は開演の30分前

会 場 愛知県芸術劇場 小ホール
出演者・演目

振付の原点

酒井はな:ミハイル・フォーキン 振付『瀕死の白鳥』(チェロ:四家卯大)

中村恩恵:イリ・キリアン 振付『BLACK BIRD』よりソロ

安藤洋子:ウィリアム・フォーサイス 振付『Study #3』よりデュオ(共演:島地保武)

振付の継承/再構築

酒井はな 出演:岡田利規 演出・振付『瀕死の白鳥』を解体したソロ(チェロ:四家卯大)

中村恩恵 振付・出演:『BLACK ROOM』(世界初演)

安藤洋子 振付・出演:新作(共演:小㞍健太、木ノ内乃々、山口泰侑)

スタッフ

コンセプト/構成/プロデュース:唐津絵理(愛知県芸術劇場)
舞台監督:世古口善徳(愛知県芸術劇場)
照明デザイン:伊藤雅一(RYU)
音響デザイン:牛川紀政
宣伝美術:SPREAD

チケット料金 全席自由・整理番号付
一般 5,000円 U25 3,000円

※ U25は公演日に25歳以下対象(要証明書)
※ 車椅子でご来場予定の場合は劇場事務局(TEL 052-971-5609)までご連絡ください。
※ 3歳以下入場不可。

チケット取扱

チケット発売 2020年3月13日(金)10:00~

愛知県芸術劇場オンラインチケットサービス チケット購入

愛知県芸術劇場メンバーズへの登録が必要です。詳細はこちら

愛知芸術文化センタープレイガイド(地下2階)

TEL 052-972-0430

平日10:00-19:00 土日祝休10:00-18:00 (月曜定休/祝休日の場合、翌平日)

Peatix

https://daby-triad2020-aichi.peatix.com

※購入方法によりチケット代金のほかに手数料が必要になる場合があります。

託児サービス
(要予約)

【5月16日(土)のみ】

開場から終演まで、マーマ名古屋による託児サービスを実施します。
対象:満1歳以上の未就学児
料金:1名につき1,000円(税込)
申込締切:5月8日(金)
お申込み・問合せ:

マーマ名古屋
TEL 0120-353-528(携帯からは052-562-5005)
月~金 9:00~17:00、土 9:00~12:00(日・祝日は休業)

お問い合わせ

Dance Base Yokohama(DaBY)

info@dancebase.yokohama

 

愛知県芸術劇場

TEL 052-971-5609(10:00-18:00)

E-mail event@aaf.or.jp

主催・共同製作 愛知県芸術劇場、Dance Base Yokohama
企画制作 Dance Base Yokohama
協 力 株式会社サヤテイ、株式会社precog