自主事業:愛知芸文フェス

【公演中止・払戻受付中】オルガン・スペシャルコンサート ~ティッターリントンのブリティッシュ・オルガン

2018年4月の来日コンサートで高い評価を残した英国オルガン界の重鎮が、愛知県芸術劇場に登場!イギリスをテーマとするオルガン音楽とバッハを織り交ぜてお送りします。

公演中止およびチケット払い戻しのお知らせ(2020/8/7)
新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う海外からの渡航制限解除の見通しがたたないことから、やむなく公演を中止することにいたしました。
公演を楽しみにされていましたお客さまにはご迷惑をお掛けすることとなり、誠に申し訳ございません。何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

チケットの払い戻しにつきましては、こちらのページをご覧ください。

公演日時 2020年10月23日(金) 19:00
会 場 愛知県芸術劇場 コンサートホール
出演者 オルガン:デイヴィッド・ティッターリントン
曲 目

エルガー: オルガン・ソナタ第1番 ト長調 作品28より アレグロ・マエストーソ
Edward Elgar(1857-1934):Allegro maestoso, from Organ Sonata in G major op.28

J.S.バッハ: トッカータとフーガ ニ短調 「ドリア調」BWV538
Johann Sebastian Bach( 1685-1750): Toccata & Fugue in D min o r(Dorian)BWV538

メンデルスゾーン: オラトリオ「聖パウロ」序曲 作品36
Felix Mendelssohn(1809-1847): Overture to St. Paul op.36(arr. W.Th.Best)

レイトン:賛歌
Kenneth Leighton(1929-1988): Paean

ウォルトン:行進曲「宝玉と勺杖」
William Walton(1902-1983): Coronation March Orb & Sceptre

J.S.バッハ: オルガン協奏曲 イ短調 BWV593
Johann Sebastian Bach : Concerto in A minor BWV593(after Vivaldi)

ウッド: イギリスの海の歌による幻想曲
Henry Wood(1869-1944): Fantasia on British Sea Songs

ウィアー: エトリック川の両岸
Judith Weir(b.1954): Ettrick Banks(1985)

ウィラン: 序奏、パッサカリアとフーガ 変ホ短調
Healey Willan(1880-1968):Introduction, Passacaglia and Fugue in E flat minor

チケット料金

全席指定
S席 3,000円 A席 2,000円

U25(S,Aともに)1,500円

座席表を見る(PDF/576KB)※入場定員を減らし間隔をあけて配席します。お連れ様とも離れてお座りいただきます。

※ U25は公演日に25歳以下対象(要証明書)。
※ 未就学児入場不可。託児サービスあり(有料・要事前予約)。
※ 車椅子席および団体(10名以上)は劇場事務局(TEL 052-971-5609)にて取扱い。
※ やむを得ない事情により、内容等が変更する場合があります。

チケット取扱

チケット発売:2020年7月17日(金)10:00~( ※メンバーズは☆印の窓口にて1日早く購入できます。)

愛知県芸術劇場メンバーズウェブ先行:2020年7月10日(金)10:00~ 11日(土)23:59

☆愛知県芸術劇場オンラインチケットサービス チケット購入

愛知県芸術劇場メンバーズへの登録が必要です。詳細はこちら

☆愛知芸術文化センタープレイガイド(地下2階)

TEL 052-972-0430

平日10:00-19:00 土日祝休10:00-18:00 (月曜定休/祝休日の場合、翌平日)

チケットぴあ [Pコード:184-880]

http://pia.jp/

TEL 0570-02-9999

※購入方法によりチケット代金のほかに手数料が必要になる場合があります。

託児サービス
(要予約)

開場から終演まで、マーマ名古屋による託児サービスを実施します。
対象:満1歳以上の未就学児
料金:1名につき1,000円(税込)
申込締切:2020年10月16日(金)
お申込み・問合せ:

マーマ名古屋
TEL 0120-353-528(携帯からは052-562-5005)
月~金 9:00~17:00、土 9:00~12:00(日・祝日は休業)

視覚に障害がある
お客様への説明会
(無料・要予約)

公演当日18:30からロビーで実施します。(約15分間)
演奏曲目、楽器、出演者などについて鑑賞前にご説明します。
先着10名様(付添を除く)/10月16日(金)までに劇場事務局へお申し込みください。

※当日会場に点訳プログラムをご用意しております。
※事前にプログラムのデータをEメールでお送りできます。ご希望の場合は、お申込みの際にお申し出ください。

主 催 愛知県芸術劇場
共同招聘 ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市文化財団グループ)

デイヴィッド・ティッターリントン(オルガン)/David Titterington(Organ)

David Titterington.jpg

英国王立音楽院オルガン科主任教授、セント・オーバンス国際オルガン・フェスティバル芸術監督等を務める、英国オルガン界の重鎮。オックスフォード大学でオルガンを学んだ後、パリのリュエイユ=マルメゾン地方音楽院にてマリー=クレール・アランとスーザン・ランデールの各氏に師事し、満場一致の一等賞を得て卒業。その後チェコの作曲家ペトル・エベン氏に師事。1986年、ロイヤル・フェスティバル・ホールにデビュー、1990年、BBC主催の英国最大の音楽祭「プロムス」にデビュー。以来、世界各国でのリサイタルや国際音楽祭に出演。BBC響、ロンドン市響、ベルリン交響楽団など各国の著名オーケストラやソリスト達と共演を重ねている。数多くの作曲家と交流を持っており、委嘱作品も含め数々の初演を行っている。教育者としては、王立音楽院の他、ブダペスト・リスト音楽院名誉教授を務め、ハダースフィールド大学、ボルトン大学から名誉博士号を授与される。英国王立音楽院名誉会員、キングス・カレッジ・ロンドン特別研究員。ケンブリッジ・シドニー・サセックスカレッジ特別研究員。2017年11月にロンドン大学教授に任命された。