自主事業:

ダンス・コンサート イスラエル・ガルバン『春の祭典』

フラメンコの革命児と称されるイスラエル・ガルバンが、2人のピアニストと共にストラヴィンスキーの音楽の根源に迫る。2016年、18年の来日ツアーで話題を呼んだガルバンの新作にご期待ください。

ダンス・コンサート イスラエル・ガルバン『春の祭典』特設サイト

ご来場される皆さまへのお知らせとお願い

・6月23日(水)公演の開演時間は、18:30に変更となっておりますので、ご注意ください。
・当日券は、各日10:00より地下2階プレイガイド、開演45分前よりコンサートホール入口にて販売いたします(前売券の販売は、各公演前日の正午に終了いたします)。
・開演後は、しばらくご入場をお待ちいただきます。また、ご購入いただいたお席へのご案内はできませんので、お早めにご来場ください。
・公演パンフレット(1冊2,000円)を、地下2階の「ART SHOP MY BOOK(営業時間:10:00~18:00)」にて販売いたします。販売期間:6月23日(水)~ 30日(水)※28日(月)は休館日
・ご来場前に「愛知県芸術劇場主催公演にご来場される皆さまへのお知らせとお願い(新型コロナウイルス感染症関連)」をご覧ください。

当日券のお知らせ(2021/6/17)
当日券は以下のとおり販売いたします。

◆6/23(水):10:00~17:15 地下2階プレイガイド、17:45~ コンサートホール入口
◆6/24(木):10:00~12:45 地下2階プレイガイド、13:15~ コンサートホール入口
※前売券の販売は、各公演前日の正午に終了いたします。

 

出演者の変更に伴う音楽プログラム構成(演奏曲目)決定のお知らせ(2021/5/19)
出演者の変更に伴い、音楽プログラム構成(演奏曲目)が以下のとおり決定いたしましたので、お知らせいたします。

<曲目>
Le Sacre du Printemps 作曲:イーゴリ・ストラヴィンスキー
Piano Distance 作曲:武満 徹
Ballade 作曲:増田達斗

 

出演者および開演時間変更のお知らせ(2021/4/30)
出演を予定しておりました シルヴィー・クルボアジェ(音楽監督・ピアノ)とコリー・スマイス(ピアノ)は 、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、渡航が困難になったため、来日を取りやめることになりました。代役として、ピアニストの片山柊(かたやま・しゅう)と増田達斗(ますだ・たつと)が出演いたします。また、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、6月23日(水)の公演は、開演時間を18:30に変更いたします。なにとぞご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

公演日時

2021年6月23日(水)19:00開演 18:30開演
2021年6月24日(木)14:00開演

※ 開場時間:開演の45分前
※ 上演時間:約70分/途中休憩なし

会 場 愛知県芸術劇場 コンサートホール
出演者

演出・振付・ダンス:イスラエル・ガルバン

ピアノ:片山 柊、増田達斗

曲目

Le Sacre du Printemps 作曲:イーゴリ・ストラヴィンスキー
Piano Distance 作曲:武満 徹
Ballade 作曲:増田達斗

チケット料金

全席指定
S席 7,000円 A席 5,000円 B席 3,000円
車椅子席4,000円 U25 各半額

座席表(JPEG/426KB)

※ U25は公演日に25歳以下対象(要証明書)。
※ 車椅子席は劇場事務局(TEL 052-971-5609)にて取扱い。
※ 3歳以下入場不可。23日(水)のみ託児サービスあり(有料・要予約)。
※ 公演中の入場については、制限させていただくことがあります。また、再入場できない場合があります。
※ やむを得ない事情により、内容・出演者等が変更する場合があります。
※ 6月の月曜日は電気設備点検のため休館いたします。一部ウェブサイトの閲覧やFAX 受信ができない場合があります。
※ 座席は1席ずつ空けた席といたします(2021/5/7)

チケット取扱

チケット発売 2021年5月14日(金) 10:00~
愛知県芸術劇場メンバーズウェブ先行 2021年5月12日(水)10:00 ~ 5月13日(木)23:59(S、Aのみ)

愛知県芸術劇場オンラインチケットサービス チケット購入

愛知県芸術劇場メンバーズへの登録が必要です。詳細はこちら

愛知芸術文化センタープレイガイド(地下2階)

TEL 052-972-0430

平日10:00-19:00 土日祝休10:00-18:00 (月曜定休/祝休日の場合、翌平日)

※購入方法によりチケット代金のほかに手数料が必要になる場合があります。

託児サービス
(要予約)

【6月23日(水)のみ】
開場から終演まで、オフィス・パレット株式会社による託児サービスを実施します。
対象:満1歳以上の未就学児
料金:1名につき1,000円(税込)
申込締切:6月16日(水)
お申込み・問合せ:

オフィス・パレット株式会社

TEL 0120-353-528(携帯からは052-562-5005)

月~金 9:00~17:00、土 9:00~12:00(日・祝日は休業)

主催・企画制作・招聘 愛知県芸術劇場
協賛 スペイン大使館
助 成 文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)| 独立行政法人日本芸術文化振興会

 

◆神奈川公演 2021年6月18日(金)・19日(土)・20(日)KAAT神奈川芸術劇場
主催・お問合せ:Dance Base Yokohama

210623_Galvan02.jpg
©Jean Louis Duzert

イスラエル・ガルバン(ダンサー・振付家)/Israel Galván

スペイン・セビリア生まれ。複雑でスピーディなフットワーク、卓越したリズム感、フラメンコの新たな世界を切り拓く独創性で知られ、「天才」「革命児」「アバンギャルド」等の賞賛を欲しいままにする。スペイン国内で多数受賞のほか、2012年ベッシー賞(NY)、16 年、第16回英国ナショナル・ダンス・アワードの特別賞を受賞。パリ市立劇場アソシエイト・アーティスト。

シルヴィー・クルボアジェ(ピアニスト・作曲家)/Sylvie Courvoisier

スイス生まれ、アメリカ在住。ケニー・ウォ ルセン、ドリュー・グレスとのトリオでバンドリーダーを務め、現在はエヴァン・パーカー、イクエ・モリ、マーク・フェルドマンとのミラーズ・テイル・カルテットにサブリーダーとして参加。ワダダ・レオ・スミス、フレッド・フリス、ジョン・ゾーン等と共演。ニューヨーク芸術財団のフェローに選出される。

コリー・スマイス(ピアニスト)/Cory Smythe

アメリカ出身。即興家、作曲家、室内楽奏者であると同時に、近現代音楽のパイオニアでもある。ダルムシュタット国際音楽祭、リンカーンセンターなどで演奏。ヒラリー・ハーン( vl )との仕事でグラミー賞を受賞。ジョン・ゾーン、フィリップ・ユレル、藤倉大、クセナキスらの作曲作品を初演、ピーター・エヴァンスを始めとする数多くのジャズ奏者とのコラボレーションも行う。

出演を予定しておりました シルヴィー・クルボアジェ(音楽監督・ピアノ )と コリー・スマイス ピアノ は 、 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、渡航が困難になったため、来日を取りやめることになりました。代役として、ピアニストの片山柊(かたやま・しゅう)と増田達斗(ますだ・たつと)が出演いたします。

片山 柊(ピアニスト)/Shu Katayama

Shu Katayama.jpg

北海道札幌市出身。小樽市で育ち、東京音楽大学(ピアノ演奏家コース・エクセレンス)を首席で卒業、同大学院修士課程を修了し、現在東京音楽大学演奏研究員、桐朋学園大学作曲科に在学。全日本学生音楽コンクールピアノ部門全国大会第1位、ピティナ特級グランプリおよび聴衆賞ほか受賞多数。日本各地のほか欧州での演奏会に多数出演し、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団ほかオーケストラとの共演も重ね、ソロに限らず室内楽の分野でも積極的に活動している。これまでピアノを武田真理、東誠三、広瀬宣行の各氏、室内楽を藤原亜美氏に師事し、現在作曲を土田英介、加藤真一郎の各氏に師事。

増田達斗(ピアニスト)/Tatsuto Masuda

Tatsuto_Masuda.jpg

愛知県田原市出身。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。同大学院音楽研究科ピアノ専攻修士課程修了。現在、洗足学園音楽大学作曲コース非常勤講師として勤めながら、ソロ・伴奏・作曲の各分野に渡り多彩な活動を展開している。又在学中より自作自演を含む多数の現代新曲初演及び再演に携わっている。シェーンベルク作曲《月に憑かれたピエロ》他収録のセッション録音にピアニストとして参加、日本コロムビアよりCDがリリースされる。作曲家団体《NODUS》メンバー。第3回洗足現代音楽作曲コンクール第1位。これまでに作曲を土田英介氏に、ピアノを藤城敬子、芝本容子、播本枝未子、秦はるひ、長尾洋史、渡辺健二、他各氏に師事。

2021.7.10

日刊Kelly:【連載コラム】編集たむーの「私的アート録、ときどきお酒」フラメンコ編

https://kelly-net.jp/enjoytoday/2021071005505445164.html

2021.6.18

ステージナタリー:踊ることで日本とスペインの架け橋であり続ける、イスラエル・ガルバン「春の祭典」開幕

https://natalie.mu/stage/news/433328

2021.6.18

中日新聞WEB:ダンスと楽器の二元性を表現 フラメンコのガルバン名古屋公演

https://www.chunichi.co.jp/article/274819

2021.6.18

The Japan Times:Israel Galvan renews the passion of a long love affair

https://www.japantimes.co.jp/culture/2021/06/18/stage/israel-galvan-rite-of-spring/

2021.6.17

朝日新聞デジタル:「春の祭典」、フラメンコで躍動 イスラエル・ガルバン

https://www.asahi.com/articles/DA3S14942547.html?iref=pc_ss_date_article

2021.6.17

ONTOMO WEB:イスラエル・ガルバン来日! フラメンコとピアノ2台による『春の祭典』全5公演

https://ontomo-mag.com/article/event/galvan202106/

2021.6.17

MEGLOG:<会見レポート!>ダンス・コンサート イスラエル・ガルバン『春の祭典』

http://www.meg-net.com/blog/entry-760.html

2021.6.16

SPICE:フラメンコの革命児イスラエル・ガルバン、『春の祭典』で日本人ピアニスト2名と共演~来日会見レポート

https://spice.eplus.jp/articles/288635

2021.6.16

SPICE:フラメンコの革命児イスラエル・ガルバン、『春の祭典』で日本人ピアニスト2名と共演~来日会見レポート

https://spice.eplus.jp/articles/288635

2021.6.15

ステージナタリー:「パンデミックを経験した今だからこそ」イスラエル・ガルバンが来日への思いを語る

https://natalie.mu/stage/news/432666

2021.6.14

毎日新聞:イスラエル・ガルバン 「春の祭典」 創造する踊り フラメンコで「内なる多面性」表現

https://mainichi.jp/articles/20210614/dde/018/040/011000c

2021.6.11

ぴあ:“奇跡の来日”を果たしたイスラエル・ガルバン『春の祭典』が間もなく開催

https://lp.p.pia.jp/shared/cnt-s/cnt-s-11-02_2_faea3615-d3b9-4b09-9956-c0228542e5e9.html

2021.6.10

ステージナタリー:“ストラヴィンスキーの楽曲は芸術が生きていることを教えてくれる”、イスラエル・ガルバンが語る「春の祭典」

https://natalie.mu/stage/pp/israelgalvan_spring

2021.6.6

バレエチャンネル:【フラメンコ界のニジンスキー】イスラエル・ガルバン来日公演スペシャルインタビュー“「春の祭典」を踊る時、私の身体は音楽そのものになる”

https://balletchannel.jp/16346

2021.5.27

愛知県芸術劇場YouTubeチャンネル:イスラエル・ガルバンよりメッセージ

https://youtu.be/AkpDC6OJs_E

2021.5.13

SPICE:公演情報

https://spice.eplus.jp/articles/286943

2021.4.12

ヨコハマアートナビ:公演情報

https://artnavi.yokohama/event/13816/

2021.3.30

バレエチャンネル:【特集】愛知県芸術劇場2021-2022! 今こそ観たいダンスのことを、乗越たかおさんに聞いてみた。

https://balletchannel.jp/14608

2021.3.25

ステージナタリー:公演情報

https://natalie.mu/stage/news/421541

2021.3.1

フラメンコ2030:公演情報

https://flamenco2030.com/israel6/