">

自主事業:ミニセレ

ダンス・セレクション 2023

愛知県芸術劇場が同時代にお薦めするパフォーミングアーツのダブルビル
社会に蔓延る焦燥感や空気感を、ダイレクトにあるいは繊細に身体に照射し誕生した、東西の2組のアーティストによるパフォーミングアーツ作品が、愛知県芸術劇場に初登場。

ご来場の皆さまへお願い(新型コロナウイルス感染症関連)

ご来場前に「愛知県芸術劇場主催公演にご来場の皆さまへお願い(新型コロナウイルス感染症関連)」をご覧ください。

公演日時

2023年2月11日(土・祝)14:00開演(13:45開場)

※公演終了後、アーティストによるトークを開催します。

会 場 愛知県芸術劇場 小ホール
プログラム

橋本ロマンス『Pan』

演出・振付:橋本ロマンス
楽曲編集:家富大地
レジデンス協力:Dance Base Yokohama

Pan(パン)という言葉は、ギリシャ語で「すべて」を意味する。 丘の斜面に立った古代アテネでの円形劇場では、観客は舞台の背後に自分たちの生活する都市を同時に見下ろすことが出来たという。2021年。東京。若者という、ある生き物。その二つが生成する焦燥感。不安。孤独。自分たちの「すべて」を握りしめ、ポケットにねじこみ、その生き物は今日もうろついている。責任の所在。今日も現実を正しくうつすフィルターを検索すれどヒットはしない。これは私たちがこの劇場から古代アテネの観客と同じように、舞台の背後に自らの都市を発見することが出来るかという一つの試みである。

nouses『nous』

演出・振付・出演:nouses

言葉、意味、論理のないフィシス(自然)のゆらぎに私たちを近づける。
個として生きる軌跡と共に。
ありのまま受け入れ忘れゆく。
私たちの生きた軌跡と共に。

私たちが歩んできた人生が身体であり、感性であり、表現にも振付にもなりえると思います。それらの純度の高い抽出方法として即興の踊りを用いています。自己を除外してフィシスに近づく行為はいつの時代も似た表象になると思います。ですが時代ごとに生まれる多様な個としての自分(人生)を自分たちを受け入れた上でフィシスへ近づく行為は永遠に多様な一回性であり愛しく思います。言葉、意味、論理に囲まれた現在、フィシスへ想いを馳せる事は重要だと思います。その先で誰も哀しまない大切な景色があると信じています。

チケット料金

全席自由・整理番号付き
一般 2,500円 U25 1,000円

※ 3歳以下入場不可。 託児サービス あり(有料・要事前予約)。
※ U25は公演日に25歳以下対象(要証明書)。
※ 車椅子席はチケット購入後、 劇場事務局にご連絡ください。
※ 団体割引(10名以上)は、 劇場事務局 にて取扱い。
※ 公演中の入場について、制限させていただく場合があります。
※ やむを得ない事情により、内容・出演者等が変更になる場合があります。

チケット取扱

チケット発売 2023年1月13日(金) 10:00 ~

☆愛知県芸術劇場オンラインチケットサービス チケット購入

愛知県芸術劇場メンバーズへの登録が必要です。詳細はこちら

☆愛知芸術文化センタープレイガイド(地下2階)

TEL 052-972-0430

平日10:00-19:00 土日祝休10:00-18:00 (月曜定休/祝休日の場合、翌平日)

託児サービス
(有料・要予約)

対象:満1歳以上の未就学児
料金:1名につき1,000円(税込)
申込締切:2023年2月4日(土)まで
託児サービスのお申込み:
 オフィス・パレット株式会社
 TEL 0120-353-528(携帯からは052-562-5005)
 月~金 9:00~17:00、土 9:00~12:00(日・祝日は休業)

観劇・鑑賞サポート

視覚に障害のあるお客さまへの鑑賞サポート

・事前にプログラムのデータをEメールでお送りできます。

主 催 愛知県芸術劇場
お問合せ

愛知県芸術劇場  
TEL: 052-211-7552(10:00~18:00) FAX: 052-971-5541 Email: contact△aaf.or.jp(「△」を「@」に置き変えてください。)

橋本ロマンス

hashimotoromance

1995年生まれ。東京都出身。
コンセプチュアルな手法を用いながらも、ポップ/ストリートカルチャーの要素を取り込むことでアートファン以外にも訴える魅力を持つ同時代性の高いパフォーマンスを制作する。作品を構成する全要素に一貫した美意識とヴィジュアル、様々な文脈を分解しコラージュの如く再構築することで作品テーマを多面的に分析し新たな仮定を提示するスタイルが特徴。
『トーキョー・ミステリーサークル・クラブ・バンド』SICF20 PLAY部門グランプリ(2019)、『サイクロン・クロニクル』横浜ダンスコレクション2020 最優秀賞新人振付家賞(2020)受賞。
横浜ダンスコレクション2021にて、ファウストやダンスマカブルをモチーフにコロナ禍における人間の孤独と死生観を描いた『デビルダンス』を上演。同年10月には国内最大の国際舞踊祭であるDance New Air 2020->21「ダンスショウケース」にてキュレーションを担当し、自身も『Pan』を上演。昨年度のダンスマガジン、朝日新聞などで年間ベストに選ばれるなど、いま最も期待の若手演出家のひとり。Dance Base Yokohamaレジデンスアーティスト。セゾン・フェローI。

nouses

nouses.png

京都出身の山本晃とワトリーから成るダンスチームnouses(ヌース・ヌゥス)。
HIP HOPカルチャーをベースとして2007年よりキャリアをスタートさせる。現代音楽の一つであるmusique-concrèteから由来する、フィールドレコーディングの手法を取り入れた音源制作を行い、そこからconcrèteと位置付ける独自のジャンルを確立させる。
ストリートダンスと現代アートを融合させた比類を見ない表現は国内外に認められ、独自のジャンルにもかかわらず世界最高峰のストリートダンスコンテスト JAPAN DANCE DELIGHTにてFINALISTとして2回出場を果たす。2017年にはスイスにて行われたHIPHOPフェスティバル Groove’N’Move Festival、2018年には、シンガーソンググライターMISIAのバックダンサーとして招聘される。
また、ストリートダンスのみならずコンテンポラリーダンサーからも高い支持を得ており、国内を代表するコンテンポラリーダンサーである大植真太郎・辻本知彦・梅田宏明・平原慎太郎・森山未來、各位(敬称略)との活動経験を持つ。近年ではYOKOHAMA DANCE COLLECTION 2021にてアーキタンツ・アーティスト・サポート賞を受賞。

ダンス・セレクション 2023 関連企画
nouses Workshop

① ストリートダンス/コンテンポラリーダンスへ応用できる独自のスタイルを生み出す方法。拡張させていく方法。
② 即興での踊りの幅を広げる方法。

 

日時 2023年2月9日(木)19:00~

※ 詳細は決まり次第お知らせします。

2022.3.30

ステージナタリー:唐津絵理と山本麦子が語る、“実験と出会いの場”としての愛知県芸術劇場「ミニセレ2022」

https://natalie.mu/stage/pp/minisele2022