自主事業:

勅使川原三郎 ライヴミュージック&ダンス『天上の庭』

世界トップクラスの「ダンス」と「音楽」がコンサートホールでコラボレーションする「ダンス・コンサート」シリーズ

「ヴェネツィア・ビエンナーレ2022」金獅子功労賞受賞が記憶に新しい勅使川原三郎、アーティスティックコラボレーターでダンサーの佐東利穂子、多彩な活躍で注目されるチェリスト、ヨナタン・ローゼマンが登場。

ご来場の皆さまへお願い(新型コロナウイルス感染症関連)

ご来場前に「愛知県芸術劇場主催公演にご来場の皆さまへお願い(新型コロナウイルス感染症関連)」をご覧ください。

公演日時

2022年9月16日(金)19:00開演
2022年9月17日(土)16:00開演

※ 開場は開演の45分前

会 場 愛知県芸術劇場 コンサートホール
スタッフ・出演者

演出・照明・衣装・選曲・ダンス:勅使川原三郎
アーティスティックコラボレーター・ダンス:佐東利穂子
チェロ:ヨナタン・ローゼマン

チケット料金

全席指定
S席 7,000円(U25 3,500円) A席 5,000円(U25 2,500円)

座席表(JPEG/400KB)

※ U25は公演日に25歳以下対象(要証明書)。
※ 未就学児入場不可。17日(土)のみ 託児サービス あり(有料・要事前予約)。
※ 車椅子席は 劇場事務局 にて取扱い。
※ 開演後は入場できない場合があります。
※ やむを得ない事情により、内容・出演者等が変更する場合があります。

チケット取扱

チケット発売 2022年7月1日(金) 10:00~ (※メンバーズは☆印の窓口にて1日早く購入できます。)
愛知県芸術劇場メンバーズウェブ先行 2022年6月24日(金)10:00 ~ 6月25日(土)23:59

☆愛知県芸術劇場オンラインチケットサービス チケット購入

愛知県芸術劇場メンバーズへの登録が必要です。詳細はこちら

☆愛知芸術文化センタープレイガイド(地下2階)

TEL 052-972-0430

平日10:00-19:00 土日祝休10:00-18:00 (月曜定休/祝休日の場合、翌平日)

チケットぴあ [Pコード:512-533]

http://t.pia.jp/

※購入方法によりチケット代金のほかに手数料が必要になる場合があります。

託児サービス
(要予約)

【9月17日(土)公演のみ】
対象:満1歳以上の未就学児
料金:1名につき1,000円(税込)
申込締切:9月10日(土)
お申込み・問合せ:

オフィス・パレット株式会社

TEL 0120-353-528(携帯からは052-562-5005)

月~金 9:00~17:00、土 9:00~12:00(日・祝日は休業)

主 催 愛知県芸術劇場
助 成 文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)| 独立行政法人日本芸術文化振興会
お問合せ

愛知県芸術劇場
TEL: 052-211-7552(10:00~18:00) FAX: 052-971-5541 Email: contact△aaf.or.jp(「△」を「@」に置き変えてください。)
※ 6月の月曜日は電気設備点検のため休館いたします。一部ウェブサイトの閲覧やFAX 受信ができない場合があります。

勅使川原三郎 (演出・照明・衣装・選曲・ダンス)/Saburo Teshigawara

SaburoTeshigawara_Akihito-Abe.jpg
Photo Akihito Abe

1981年より、独自の創作活動を開始。85年ダンスカンパニーKARAS設立。世界の主要な芸術祭や劇場から招聘され公演を重ねる。ダンスのみならず、音楽、衣装、舞台照明など多岐にわたって才能を発揮し、2007年芸術選奨文部科学大臣賞、2009年紫綬褒章、17年フランス芸術文化勲章オフィシエ、22年ヴェネツィア・ビエンナーレダンツァ金獅子功労賞など多数受賞。近年では若手育成にも精力的に取り組む。

佐東利穂子 (アーティスティックコラボレーター・ダンス)/Rihoko Sato

RihokoSato_Akihito-Abe.jpg
Photo Akihito Abe

1995年からKARASワークショップに参加。96年より勅使川原三郎振付の全グループ作品に出演。その高度な技術と芸術性が、身体空間の新たな次元を切り開く表現として世界的評価を得る。近年は勅使川原のアーティスティック ・コラボレーターを務め、19年からは待望されていた振付家としての創作活動を開始。12年には日本人で初めて第40回レオニード・マシーン賞、18年に芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

ヨナタン・ローゼマン(チェロ)/Jonathan Roozeman

JonathanRoozeman_Heikki-Tuuli.jpg
Photo Heikki Tuuli

2013年パウロおよびガスパール・カサド両国際チェロ・コンクール特別賞受賞。これまでにマリインスキー歌劇場管、サンクトペテルブルク・フィル、フランクフルト放送響などと共演。その印象深く多彩な響きはクラシックのみならず、コッコネン、サッリネンなど近現代の作品でも遺憾なく発揮されている。フィンランド文化財団より貸与されたダービッド・テクラーによる1707年製のチェロを、弓は1850年製のジャン・ピエール・マリー・ペルソワを使用。