自主事業:

オルガン・レクチャー コンサート
ヨーロッパと日本のオルガンの歴史

凛とした演奏で定評のある三浦はつみが、愛知県芸術劇場に3度目の登場!
ヨーロッパと日本のオルガンの歴史を、映像を使った分かりやすい解説と、名曲の数々で。

公演日時 2020年4月3日(金) 14:00開演(開場13:15)
会 場 愛知県芸術劇場 コンサートホール
出演者 オルガン&解説:三浦はつみ
曲 目

◎ヨーロッパのオルガンの歴史

 J.S.バッハ:トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
 J.S.Bach (1685-1750): Toccata in d moll BWV565

 作者不詳:「ロバーツブリッジ写本」よ り エスタンピー
 Anonymous(14 c.): Estampie from “ Robertsbridge Codex(1360)”

 J.P.スウェーリンク:「大公の踊り」による変奏曲
 J.P.Sweelinck(1562-1621):“ Ballo del Granduca ” SwWV319

 J.ブラームス:コラール前奏曲 op.122 より
「装え、わが愛する魂よ」
「おお幸いなるかな、信仰深き者たちよ」
 J.Brahms(1833-1897):
  “ Schmücke dich, o liebe Seele ”
  “ O wie selig seid ihr doch, ihr Frommen ”
   from “ Elf Choralvorspiele ” op.122

 A.ギルマン:ソナタ 第1番 op.42 より「終曲」
 A.Guilmant(1837-1911): Final from “ Première Sonate ” op.42

◎日本のオルガンの歴史

 A.カベソン:「騎士の歌」による変奏曲
 A.de Cabezón(1510-1566):Diferencias sobre el canto llano del Caballero

 J.S.バッハ:フーガ ト短調 BWV578(小フーガ ト短調)
 J.S.Bach :Fuga in g moll BWV578

 W.ボルコム:ゴスペルプレリュード「主、我を愛す」
  W.Bolcom(b.1938):Jesus Loves Me

 J.S.バッハ:コラール前奏曲「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」BWV645
 J.S.Bach : “ Wachet auf, ruft uns die Stimme ” BWV645

 近藤岳:春うらら」
 T.Kondo (b.1973):Haru urara

チケット料金 全席指定
一般 2,000円 U25 1,000円

※ U25は公演日に25歳以下対象(要証明書)
※ 未就学児入場不可。託児サービスあり(有料・要事前予約)。
※ 車椅子席および団体(10名以上)は、劇場事務局(TEL 052-971-5609)にて取扱い。
※ やむを得ない事情により内容、出演者が変更になる場合があります。

チケット取扱

チケット発売 2019年12月20日(金) 10:00~
愛知県芸術劇場メンバーズウェブ先行 2019年12月13日(金)10:00~12月14日(土)23:59

愛知県芸術劇場オンラインチケットサービス チケット購入

愛知県芸術劇場メンバーズへの登録が必要です。詳細はこちら

愛知芸術文化センタープレイガイド(地下2階)

TEL 052-972-0430

平日10:00-19:00 土日祝休10:00-18:00 (月曜定休/祝休日の場合、翌平日)

チケットぴあ [Pコード:169-348]

http://pia.jp/

TEL 0570-02-9999

※購入方法によりチケット代金のほかに手数料が必要になる場合があります。

託児サービス
(要予約)

開場から終演まで託児サービスを実施します。
対象:満1歳以上の未就学児
料金:1名につき1,000円(税込)
申込締切:3月27日(金)
お申込み・問合せ:劇場事務局(TEL 052-971-5609)

主 催 愛知県芸術劇場

三浦はつみ

miurahatsumi.jpg
©新井卓

東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。ボストン・ニューイングランド音楽院にてアーティストディプロマ取得。オルガンを秋元道雄、廣野嗣雄、島田麗子、菊池みち子、G・ボヴェ、林佑子の各氏に師事した。現在、フェリス女学院大学非常勤講師、日本聖公会横浜聖アンデレ教会オルガニスト。横浜みなとみらいホールでは、1988年開館以来、ホール・オルガニストを務め、オルガン・1ドルコンサート、こどものためのワークショップなどの企画、ホール・オルガニスト・インターンシップなど育成プログラムにも力を入れている。平成19年度横浜文化賞文化・芸術奨励賞受賞。