自主事業:人材育成

インターンシップ プログラム2021
2021年度 愛知県芸術劇場 舞台芸術人材養成ラボ

劇場の仕事、ダンス・演劇・音楽などの舞台芸術に関わる様々な仕事に興味のある方のための3つのプログラム。目的・目標に合わせてお選びいただけます。

 ■ 舞台芸術インターンシップ(企画制作コース・舞台技術コース):2021年6月~2022年3月
 ■ 学生インターンシップ:2021年7月28~30日
 ■ 舞台芸術お仕事ナビ:2021年8月28日

 各プログラムの概要は下記をご覧ください。

ご来場される皆さまへのお知らせとお願い(新型コロナウイルス感染症関連)

ご来場前に「愛知県芸術劇場主催公演にご来場される皆さまへのお知らせとお願い(新型コロナウイルス感染症関連)」をご覧ください。

学生インターンシップ受付終了のお知らせ(2021/6/30)
学生インターンシップの応募受付は終了いたしました。多数のご応募ありがとうございました。

 

舞台芸術インターンシップ受付終了のお知らせ(2021/5/28)
舞台芸術インターンシップの応募受付は終了いたしました。多数のご応募ありがとうございました。

 

舞台芸術インターンシップ締切延長のお知らせ(2021/5/20)
定員に余裕がございますので、締切を 5月28日(金)まで延長いたします。

舞台芸術インターンシップ 企画制作コース・舞台技術コース
※ 受付終了

開催日時 2021年6月~2022年3月
会 場 愛知県芸術劇場 ほか
内 容 共通の座学と、コース別の実務実習を通して舞台芸術の創造にかかわる仕事について学ぶインターンシッププログラムです。愛知県芸術劇場のプロデュース公演や様々な事業に関わる中で、舞台芸術にはどんな力があり、舞台芸術に携わるとはどういうことか、これから必要とされる役割とは何か、一緒に考えていきましょう。
企画制作コース、舞台技術コースの2コースで参加者を募集します。
募集人数 各コース3~5名程度
参加費 1,000 円(インターンシップ保険料実費等として)
応募資格

・舞台芸術が好きで、情熱とやる気を持って将来舞台芸術に関わる仕事に就きたいと思っている方
・ワード、エクセル、メールなどのパソコン操作ができる方
・スケジュール(チラシPDF記載)に原則参加できる方
・大学生などおおよそ30 歳以下の方

選考方法 応募者全員 6月4日(金)~6日(日)に面接を行い、選考します。
※日時は改めてご連絡します。
締 切

5月21日(金)必着

5月28日(金)必着

※受付は終了しました
応募方法

別紙申込書に必要事項を記入し、下記応募先までメールまたはFAX でお送りください。
・申込書(PDF/62KB)

・申込書(Excel/16KB)

応募先:愛知県芸術劇場 舞台芸術インターンシップ係
メール:ws24@aaf.or.jp
FAX:052-971-5541

*お預かりした個人情報は、愛知県芸術劇場[(公財)愛知県文化振興事業団]にて厳重に管理し、本事業を運営するために使用し、それ以外に使用しません。

注意事項

・実習期間中は、報酬、交通費、食費等を含め無給です。
・実習生は、参加に当たって誓約書を愛知県芸術劇場に提出し、実習中は講師の指導、指示等に従ってください。詳細については参加決定者に通知します。

学生インターンシップ  短期コース
※ 受付終了

開催日時

2021年7月28日(水)10:30-17:00

2021年7月29日(木)10:30-17:00

2021年7月30日(金) 8:45-18:00

会 場 愛知県芸術劇場内
内 容 愛知県芸術劇場の施設や事業についての概要の講義、主催事業「げきじょうたんけんツアー」の準備・当日の業務などの実習を通して劇場での仕事を紹介します。
対 象 東海三県(愛知県、岐阜県、三重県)に在住・在学、又は実家等が東海三県内にあり、舞台芸術やアートマネジメントに関心を持ち、将来そうした仕事をしてみたいと考える18歳~25歳位の学生(高校生・社会人も可)。
募集人数 20名程度(応募者多数の場合、書類選考を行います。)
参加費 無料
応募期間 6月1日(火)~ 6月30日(水)必着
※参加の可否を 7月7日(水)までにメールにてご連絡します。※受付は終了しました
応募方法

別紙申込書に必要事項を記入し、下記応募先までメールまたはFAX でお送りください。
※6月の月曜日(7、14、21、28)は、電気設備点検のためFAX受信ができませんのでご注意ください。
・申込書(PDF/62KB)

・申込書(Excel/16KB)

応募先:愛知県芸術劇場 舞台芸術インターンシップ係
メール:ws24@aaf.or.jp
FAX:052-971-5541

*お預かりした個人情報は、愛知県芸術劇場[(公財)愛知県文化振興事業団]にて厳重に管理し、本事業を運営するために使用し、それ以外に使用しません。

注意事項

・実習期間中は、報酬、交通費、食費等を含め無給です。
・実習期間中は、万一の事故に備え、インターンシップ保険(傷害保険及び賠償責任保険)等に加入するとともに、事故が生じた場合は自らの責任において対応してください。
・実習生は、参加に当たって誓約書を愛知県芸術劇場に提出し、実習中は講師の指導、指示等に従ってください。詳細については参加決定者に通知します。

舞台芸術お仕事ナビ セミナー

開催日時 2021年8月28日(土) 13:30-17:00
会 場 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA
内 容 劇場や舞台芸術に携わってみたいと考える若者に向けて、さまざまな仕事について紹介。仕事に携わっている人から直接話が聞ける機会です。会場からの質問にも答えます。
<参加業種>
愛知県芸術劇場及び近隣の劇場、劇団、楽団(またはオーケストラ事務局)、公演事業制作業務会社、舞台制作会社 等。
対 象 仕事として舞台芸術に関わっていきたいと考えている大学生、専門学校生、高校生等(社会人も可)。
募集人数 50名程度(先着順)
参加料 無料
参加方法 予約不要。直接会場にお越しください。
主 催 愛知県芸術劇場
助 成 文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)| 独立行政法人日本芸術文化振興会
一般財団法人地域創造

舞台芸術インターンシップの活動紹介

「インターン生になると、どんな活動をするの?」「専門的な知識はないけど参加して大丈夫なのかな?」
半年間にわたる舞台芸術インターンシップ。いろいろな講座や実習の内容が具体的にイメージできないという不安の声も聞こえてきました。
チラシだけでは分からない実際に様子をこれまでのインターンシップの様子の写真や、参加者のコメントを通してご紹介します。

共通プログラムの講座の様子

共通講座では基礎知識として舞台芸術にかかわる仕事の大枠や、劇場での仕事(企画制作・舞台技術・広報・劇場運営など)を学びます。普段見えづらい劇場の運営や公演の準備などを丁寧に座学で学び、「舞台技術の基礎」講座では実際に小ホールでの実演を交えて説明します。気軽に質問できる雰囲気を心がけています。
キャリアデザインの講座では職員のこれまでのキャリアやインターンの先輩に就職活動や実際の仕事の話を聞きます。自分の進路を具体的に考えるきっかけとして好評です。

intern2021_01.JPG
オリエンテーション
intern2021_02.JPG
舞台技術実習「舞台技術の基礎」講座
intern2021_03.jpg
キャリアデザインの講座

受講者のコメント:

「座学で業務やその役割、全体にどうかかわっているのかを大まかに理解することができました。この知識は実際に仕込みの現場などに入ったときに’このような役割をしているのだろうな’と全体を予想できるという形で役立ち、座学で学ぶことが現場につながっているということを実感しました。」
「キャリア形成の講座で事業団の職員の方や卒業生の人に話を聞いていろいろな生き方があると感じた。」

実習(関連企画立案・運営)の様子

公演の関連企画を立案・プレゼンし、実際に運営してみる実習です。公演について調べ、アイディアを出し合って企画を考えてプレゼンテーションします。採用された企画は実際に全員で役割分担し、公演時に関連企画として運営します。準備する中で企画時に想定できなかった問題点が見つかったりすることもありますが、アイディアを出し合ってクリアしていく中で実際の現場での企画立案・運営を学びます。

intern2021_04.jpg
企画立案のミーティング
intern2021_05.jpg
プレゼンテーション

intern2021_06.jpg
企画のために演出家に相談する様子
intern2021_07.JPG
公演時の企画実施

受講者のコメント:

「実際にプレゼンしてみると自分の考えていることを魅力的に使える力が足りなかったり、もっと深くまで考えないといけないことが分かって沢山学ぶことがありました。」
「公演にちなんだ企画が好評で、お客様の「面白かった」という声を見たときに頑張ってよかったと心から思えました」

※実習の内容は対象公演や状況に合わせて変更になる場合があります

それぞれのコースの実習

一言で‘愛知県芸術劇場の事業’といっても、子どもたちがたくさんやってくるファミリー・プログラムの公演、臨機応変な対応が求められるワークショップ、アーティストと一から作り上げるプロデュース公演、大規模で大人数が関わる大ホールの公演…etc.といろいろな企画・公演があり求められることも様々です。舞台技術コース・制作コースそれぞれに分かれての実習で経験を積んでいただきます。

intern2021_08.JPG
ファミリー・プログラムでの実習(企画制作コース)
intern2021_13.jpg
公演前の打ち合わせ(企画制作コース)

intern2021_r10.jpg
仕込みの実務実習(舞台技術コース)
intern2021_14.jpg
オペラ公演の合唱練習の準備(企画制作コース)

受講者のコメント:

「お客さんと実際に対面で関わることで、足りない部分や気づかなかった部分を見出すことができた」 「実際に照明部に入って仕込み、ばらしをプロについて仕事を学ぶことができ、気を付けるべきことや自分に足りないものを考える機会になりました」
「実際に現場に参加する中でいくつもの会社の方がいろいろな形で公演にかかわっていることが分かりました。学んだことを次の現場で生かすことができ、できることが増えていくのが嬉しく毎回楽しく参加できました」

半年活動した後はどうなるの・・?

翌年4月以降は、希望した方には、更に実践経験を積むインターンシップ2年生として実習を継続していただいています。1年目より、より実務に近い内容が多くなり、本人と進路などの相談の上、希望に合わせたプログラムを用意します。(有償インターンシップ)

intern2021_09.jpg

受講者のコメント:

「事務所での作業など、公演の事前準備などにも関わることができて実際の仕事の様子がより具体的に分かりました。」
「就職が決まった後は今後の仕事内容に生かせるように工夫してもらえたのも良かったです。」

2018年度 舞台芸術人材養成プログラム報告書(PDF/10.1MB)