自主事業:普及啓発

鑑賞&レビュー講座2020【後期 ~ミニセレ・実践編~】

「1.鑑賞して、考える」、「2.言葉にしてみる」、「3.読みあい、推敲する」 鑑賞と講座を交互に繰り返して、1~3のプロセスを実践します。

応募期間延長のお知らせ(2020/9/16)
定員に余裕があるため、応募期間を延長いたします。※定員になり次第、 締め切りとさせていただきます。

鑑賞対象公演
開催日時

◆ミニゼミ
10月3日(土)「ダンス・セレクション」公演鑑賞後
※詳細は参加者に後日ご連絡します。

オンラインゼミ
10月15日(木)20:00~21:00
11月26日(木)20:00~21:00
12月24日(木)20:00~21:00

振り返り会
2021年2月中旬(予定)

「鑑賞&レビュー講座2019」参加者による公演レビューはこちら
ナビゲーター

竹田 真理(ダンス批評家)

竹田真理.jpg

ダンス批評。関西に拠点を置きコンテンポラリーダンスを中心に取材・執筆活動を行う。毎日新聞大阪本社版、「ダンスワーク」「シアターアーツ」「ダンサート」等の舞台芸術専門紙誌、ウェブ媒体、公演パンフレット等に記事や批評を寄稿。ダンス史およびダンス批評に関するレクチャー講師、トーク司会等も務める。国際演劇評論家協会会員。

ゲスト

萩原雄太(演出家・ライター)
※11月26日のみ参加

hagiwara.jpg

劇団「かもめマシーン」主宰。愛知県文化振興事業団が主催する「第13回AAF戯曲賞」優秀賞、「利賀演劇人コンクール2016」優秀演出家賞受賞。2018年、ベルリンで開催された「Teheatre treffen International Forum」に参加。代表作に『福島でゴドーを待ちながら』『俺が代』『しあわせな日々(作:サミュエル・ベケット)』など。ライターとしてはCINRA.NET、美術手帖、Festival/Tokyo、サイゾーなど掲載媒体は多岐に渡る。

参加費

一般 8,500円 35歳以下 7,000円 25歳以下 4,500円

※対象公演(3公演)のチケット料金を含む

参加条件

対象となる公演を全て鑑賞し、オンライン講座に参加できる方

オンライン講座は「Zoom」を利用して開催します。

※パソコン・スマートフォン・タブレット等の端末とインターネット接続環境が必要です。
※各講座開催日の前日に、メールにて【オンライン・ゼミ】のURLをお知らせします。

募集人数

5名程度

※応募者多数の場合、選考を行います。

申込方法

メール ws6@aaf.or.jp

件名:「鑑賞&レビュー講座2020~後期・実践編~」 申込み

①お名前(ふりがな) ②連絡先(メールアドレス、電話番号) ③年齢 ④参加動機 ⑤ご自身が書いた舞台芸術または美術・映画等についてのレビュー(400文字~800文字程度/SNS等で既に発表済みの物でも可) をご記入の上お申し込みください。

※お預かりした個人情報は、愛知県芸術劇場[(公財)愛知県文化振興事業団]にて厳重に管理し、本事業を運営するために使用し、それ以外に使用しません。

締 切

9月15日(火)

定員に余裕があるため、応募期間を延長いたします。
※定員になり次第、 締め切りとさせていただきます。

主 催 愛知県芸術劇場
助 成 文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)| 独立行政法人日本芸術文化振興会